ビジネスの細道

個人・少数人でも起業・副業して稼げるスモールビジネスやニッチ分野を研究するブログです。ニュース解説、感想、日記等の投稿も。飲食業、美容師・美容室、IT(アプリ開発、ウェブサービス)、農業が関心領域です。

働く事に限界感じたら人物金情報を活用しよう(提案)

 企業が利益を出すうえで活用する経営資源には、人(ヒト)、物、金、情報がある。個人が生活していくうえでも豊かな所得を稼得していくうえでは、人・物・金・情報の力を最大限活用していくことが重要なのだと最近実感します。

 というのも、最近仕事に区切りをつけてキャリアチェンジをしようとしており(興味ある方は過去の記事をみてください…)、収入が激減、むしろ今後一年間給料ゼロという状況にあるからです。

 

 給料ゼロという状況下で生活していかなければならないということで考えを巡らせているものそうなのですが、個人的には働いて給料を得て豊かになるというのにも限界を感じているというのも理由の一つです。

働いて得られる給料を増やそうという場合には、
   給与総額 = 単価 × 労働時間
ですから単価か労働時間を増やすしかありません。ただ、労働時間を増やすというのは辛いしそもそも一日24時間しかないので限界があります。単価にしても限界があります。
 給料に頼っているとだいたいの年収カーブも予想できるし、予想した年収カーブを裏切るリストラということもあるかもしれません。
 ということで給料以外の収入チャネルを増やしていかないとやばいなと感じています。そこで考えたのが冒頭の、人・物・金・情報を最大限活用するということです。人というのは自ら働く給料に相当する部分なので、その他の物・金・情報を活用する方策を考え始めました。

 

 物・金というのは自分の現物資産を運用して収益をあげるということですが、株やFXはやりたくないので結局選んだのは不動産投資でした。今回は不動産投資関係のネタは割愛しますが、不動産投資はきちんと物件を選別すれば堅い投資だと思います。

 

 情報ですが、これは執筆に対する印税や講演報酬、ウェブサイトを運営しての広告収入等を想定しています。昔から不労所得を得るというのを目指して、書籍を出版して印税を得られるようになりました。印税をもらって思ったのは、印税すばらしいということです。一方で、執筆に要した時間に比して安すぎるという感想も持ちました。 素晴らしい印税を得て豊かな生活をしたいけれども、執筆時間を省力化したいということでブログをはじめたわけです。文章のストックがあると原稿を書くときのスピードが違うのでこれは継続していきたいです。ある程度テーマ性のあるブログ記事をためてウェブサイトに切り出したいと考えていますが、今のところテーマのないノンセクションな内容になっているのでその辺りは修正したいですが…

 

 真面目にこつこつ働くというのは重要ですが、物・金・情報という部分の活用ということも考えたら豊かな生活をおくれるのではないかという妄想でした。

広告を非表示にする